2019年07月30日

あぐり日記

image1.JPG
稲の穂が出はじめました。

穂が出ると、順々に花が咲きます。

まだ出はじめたばかりなので、

よーく目をこらしてさがすようです。

ちゃんと穂ができるだろうか、

うまく実になるだろうか、

毎年毎年心配しながらこの日を待ちます。

外に顔を出したらひと安心。
広島ブログ posted by STAD at 15:55 | Comment(0) | あぐり日記

2019年07月23日

あぐり日記

image1.JPG
稲の茎をカッターで縦半分に切って成長を確認します。

ちょろんと出ているのが稲穂の赤ちゃん。

まだ2p少々しかありませんが、

ちゃんと米になる粒々がたくさんついています。

平年より伸びが遅れている気がします。

それでも二週間後くらいには出穂しているはず。

今は見えないけれど、茎の中でぐんぐん伸びます。

2〜3日おきに茎を切っては確認するのがとても楽しみ。

米づくりの中の、大好きな作業のひとつです。
広島ブログ posted by STAD at 16:44 | Comment(0) | あぐり日記

2019年06月22日

あぐり日記

image1.JPG
田面(ためん)ライダーV3、破れたり。

稲づくりの作業の中でも一二を争うしんどい仕事。

溝切り作業をしました。

あと少しで終わるというタイミングで、

ライダーの「おーい、おーい」と呼ぶ声。

あーあ、ハンドルがぽっきり折れてしまいました。

黒い所に左むきにまたがって座り、

直立して付いているハンドルを握って前進します。

それが根元からぽっきり。

農機具屋のお兄さんに

「この作業をするのは真面目に米を作る人ですよ。」

とほめてもらったばっかりなのに。

ライダーの心もぽっきり折れてしまいました。
広島ブログ posted by STAD at 17:05 | Comment(0) | あぐり日記