2022年03月27日

こい

あたためたら出るよ。

そう言ってもらった卵、有精卵だそうです。

「東広島こい地鶏」

広島大学がライセンスをもつ「広大鶏ひろだいどり」を基に東広島の地鶏を開発しているそうです。

その親鶏を育てている人にもらいました。

「こい」には4つの意味がこめられています。

肉の旨味が“濃い”

何度も食べたくなるような“恋”しい味

東広島に来てね、の“来い”

そしてカープの“鯉”

赤鶏であることと人気者になってほしいという願いをこめて。

じっくり育てて、肉として販売するには大変な苦労がありそうです。

東広島ブランドのお肉が店に並ぶのが楽しみです。

あたためたら出るよ、と言われたらちょっと抱いてみようかしらと思ってしまう私。

いやいや、ひよこがピヨピヨ出てきたらかわいいでしょうけれど、鶏になったらたぶんこわくて近づけません。

毎朝おいしく卵かけご飯でいただいています。
広島ブログ posted by STAD at 12:43 | Comment(0) | 日記