2021年12月30日

11年ですって??

image0.jpeg
わが子が学校を卒業して、毎日の駅までの送迎が無くなりました。

以来10年くらい冬用タイヤに交換せず「雪が降るような日は車で出ない」が実現できています。

実際は雪が積もるようなこともほとんど無いですし。

雪道現役時代から何回か車を乗り換えましたが、スタッドレスタイヤは合います、ということで倉庫に保管していました。

このお正月明け、どうしても高速道路を利用して出かけなくてはならなくなりました。

雪もありそうな天気予報だし、冬用タイヤ規制が出ていそうだし、久しぶりにスタッドレスタイヤの出番です。

急に予定が入ったので、タイヤ交換をお願いしたいお店は翌日が仕事納めというタイミング。

なんとか予約をねじ込んでもらい、安心したのも束の間。

「このタイヤ、11年前のです、溝は問題ないですけど、さすがにゴムが無理です」ですって。

その後、ホイールも合わないことがわかり(車種はずっと同じなのに)泣く泣くセットで新調することに。

年の瀬に思わぬ出費でした。

これを聞いたお友だちが言いました。

「これを機に、雪がある方に出かけて楽しんできたらいいじゃない」

その言葉に落ちてた気持ちもちょっとだけ回復。

でも雪道の運転はなるべくしたくないんだな。

この新しいタイヤ、雪の上を走ることがあるんだろうか?

まさかの、また新しいまま10数年寝かせてしまう?

悩ましいことです。
広島ブログ posted by STAD at 09:27 | Comment(1) | 日記