2021年03月16日

できるんです

image2.jpeg
何歳ころのことだったか、少しの間入院していた。

まだ大人にはなっていなかった。

とても曖昧な記憶だけど、季節は間違いなく春!

同室のおばちゃんたちが散歩に出かけて、

もう、つくしが出とるよ、春じゃねーと言ったから。

ここで終わらないんですよ。

向こう三軒両隣、ではないですが他の病室を回って

砂糖だ、醤油だ、たまごだ、と材料を集め、

おそらく給湯室で、つくしの卵とじを作ったのです。

できるもんじゃねぇ、とみんなでいただきました。

今では考えられないですよね、ほのぼのしてる。

給湯室での調理も、入院患者同士の結束も、

つくしを食べたい!の情熱も。

毎年つくしが出ると思い出して笑ってしまいます。
広島ブログ posted by STAD at 09:30 | Comment(0) | 日記